吉祥寺の靴づくり&靴修理のお店「tonearm」

Home>> Blog>> カテゴリー: レディースオールソール

tonearmのブログ

>> カテゴリー: レディースオールソールのブログ記事を表示

  • ■2013.12.3
    写真

    劣化にて痛んだソールは新しい素材で包み込みます。特にカンペールは勝手にしやがれよろしく 痛みます。包むくらいなのでフチはまるーく仕上げたくなります。もちろん足付きにもお変わり無い様に カンペール 生ゴムオールソール 硬く続きを読む…

  • ■2013.11.7
    写真

    依頼のケースで消耗しての交換の次に素材の劣化にての交換が多いです。古着屋さんで購入後 少し履いたらソールが外れたり、ボロっと崩れる 結構あります。。新品ではないのでリスクはあれど、壊れていきなり履けないのも悲しいです。修続きを読む…

  • ■2013.10.26
    写真

    靴のソール材は組み合わせなのでソールが劣化や硬化していなくてもヒール部分だけ悪くなっていたり逆にヒールは大丈夫でもソールが駄目になっていたりします。そのような例として一足目は、ソールは減っていますが劣化はしておらず、ヒー続きを読む…

  • ■2013.7.24
    写真

    靴底がパックリ割れる事は割と普通に起こります。レザーに比べるとラバーの方がひび割れた時に角が出やすいせいか裂けて行く事が多いです。その次に中底は薄いですからすぐ割れの影響がでます。中底を補強してからオールソールになります続きを読む…

  • ■2013.6.28
    写真

    ソールの中が劣化して土のように崩れてしまうと基本的にオールソールとして対応しております。こう言った厚底のソールに関してはラバーを使うと重く返りの無いはき心地になってしまうのでスポンジ素材を成形加工して取り付けます。地面に続きを読む…

  • ■2013.4.2
    写真

    フランスのエシュンです。しっかりとしたグッドイヤーにて作られています。このメーカーの修理は初めてでしたが、見えないところ副資材も良いものを使ってました。状態は良いのですがミッドソールが劣化で崩れていたため全て外してオール続きを読む…

  • ■2013.3.31
    写真

    靴の代名詞 赤い靴劣化してしまうというのはデザインソールの場合致し方ない時もあります。アッパーが綺麗に残っていてもソールの替えが効かないというのは、避けたいです。 今回はレザーを使って底周りを作り直しました。 丸いコバで続きを読む…

  • ■2013.3.26
    写真

    カンペールやトリッペン ビルケンシュトック このあたりの靴には見た目もはき心地も生ゴムのものが似合います。この素材のメリットとしては夏場はペトペト アスファルトと一体感を得られる事でしょうか。独特のクッション性 独自の雰続きを読む…

  • ■2013.2.13
    写真

    ポインテッドトゥやラウンドトゥなど、つま先のデザインにも流行があります。このシャネルのスエードパンプスですが、つま先が長めに出来ており、今風では無いのでもう少し短くしたいとのご要望でした。 つま先のデザインに合わせ木型を続きを読む…

  • ■2012.12.6
    写真

    カンペールのブーツをオールソール致しました。 ソールから中底まで割れてしまっておりました。ここまで来ているとメーカー修理も受け付けてもらえないそうで、今回うちにお持ち込み頂きました。 こういった特殊なソールは雰囲気が変わ続きを読む…

  • ■2012.11.7
    写真

    ほとんどはいていない靴でしたが、かなり前のもので加水分解にてソールが崩れています。 はき心地や ぽってりした雰囲気、ソールの色味もありましていろいろ考えましたが、生ゴムにて修理いたしました。ファッションブランドの靴は修理続きを読む…

  • ■2012.10.16
    写真

    変わったソールが多いカンペールですが、どうしても劣化して割れてしまう可能性が高いのが難点です。同じソールを使うのは不可能ですが、バランスを取りソール修理することは可能です。 今回はこちらのブーツです。だいぶ加水分解も進ん続きを読む…

2 / 212

店舗のご案内見出し

店舗のご案内
店名tonearm
住所〒180-0004
東京都武蔵野市
吉祥寺本町4-10-9
電話0422-27-1294
営業時間 10:00~20:00
定休日:第2・第4火曜日、水曜日
    営業日カレンダー
>>Access

tonearmのブログ見出し

tonearmのブログ
@tonearm_kichijoji